本文へスキップ

ココロを育てる。技術を育てる。福井市医師会看護専門学校です。

                         
卒業生の方へ  リンク  サイトマップ

自己評価

平成26年度自己評価

「教育活動や運営状況についての自己評価」公表について 

1.福井市医師会看護専門学校の学校評価の経緯

 教育活動の質向上ひいては、質の高い看護師養成の責務のため、福井市医師会看護専門学校(以下「本校」と略す)では、平成18年度から教育活動や運営状況についての自己評価(以下「学校評価」と略す)を実施している。その結果については、年1回、本校の教職員による学校評価会議において分析検討されている。 

2.本校の学校評価の目的・方法

1)目的

本校の教育活動の質の維持・向上のため、学校運営を円滑に機能させ、さらに教職員個々の自律性を高めることを目的とする。
 その意義は、看護師養成所として「常に質の高い看護師を養成していく責務」を自覚し、内部的品質保証の仕組みを機能させ、本校の教育活動の維持・発展につながることである。その過程は、本校の教育理念および教育水準の維持・向上の目的を実現するため、必要な資料を収集分析し、アウトカムを見極め、フィードバックするという循環的継続的ダイナミックな活動である。 

2)評価方法

平成13年度に参考文献(@杉森みど里ほか編:看護大学自己点検・評価システムの開発,QualityNursing,5(5)1999.A舟島なをみほか編:看護専門学校組織運営評価インベントリ,文光堂,2000.)と国立金沢病院附属金沢看護学校のものを参考に、本校の評価項目を追加して評価表を作成した。その後、平成23年度に「看護師等養成所の教育活動等に関する自己評価指針作成検討会報告書(平成15年」を参考に修正を加えた。

大 項 目

中 項 目

小 項 目
(評価内容)

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

教育理念・目的

入学

教育課程編成

臨地実習施設

教育活動

学生への支援

施設設備管理

研修・研究活動

組織・経営運営

卒業・就業・進学

地域社会

学校評価

10

13

15

26

13

17

28

12

34

155

 

『小項目(評価内容)155項目』について、4段階尺度による評価とする。(4…とてもよい,3…よい,2…やや劣る,1…劣る,na…該当しない、評価内容の意味が理解できない)
 本校の教職員が、それぞれの項目に○印を記入し、その理由を記述する。毎年度9月に実施している。
 

3.本校の学校評価「平成26年度」結果 

1)大項目ごとに、小項目(評価内容)の平均得点を算出し、グラフ化した。
 大項目1〜12別平均得点 

2)大項目それぞれの中項目ごとに、小項目(評価内容)の平均得点を算出し、グラフ化した。

@教育理念・目的
     A入学
     B教育課程編成
     C臨地実習施設
     D教育活動
     E学生への支援
     F施設設備管理
     G研修・研究活動
     H組織・経営運営
     I卒業・就業・進学
     J地域社会
     K学校評価 

4.まとめ・今後の課題

本校の学校評価「平成26年度」結果から、「教育理念・目的」「入学」「臨地実習施設」「学生への支援」において「よい」自己評価だった。しかし、「教育課程編成」「教育活動」「施設設備管理」「研修・研究活動」「組織・経営運営」「卒業・就業・進学」「地域社会」「学校評価」においては「やや劣る」自己評価だった。特に「卒業・就業・進学」が一番低い結果だったことは、「卒業時の到達能力状況」「国家試験の合格状況」「卒業生の進路状況」の達成状況の低さと分析評価からの 次年度へのフィードバックが十分でないことを示している。このことは、教育理念・教育目的の実現に向けて、より一層看護師養成所としての教育水準の維持・向上を図る必要がある。また、次に「学校評価」が低かったことから、循環的継続的活動がなされていないと考えられるため、内部的品質保証の仕組みを機能させることが課題である。

 


平成26年度福井市医師会看護専門学校自己評価の結果(PDFファイル)




福井市医師会看護専門学校福井市医師会看護専門学校

〒910-0001
福井市大願寺1-5-23
TEL 0776-30-1200
FAX 0776-30-1201

メールでのお問い合わせはこちら
(E-mail)
info@fishikai-kansen.jp

個人情報保護方針

自己評価