本文へスキップ

ココロを育てる。技術を育てる。福井市医師会看護専門学校です。

                         
卒業生の方へ  リンク  サイトマップ

学校案内

学校長あいさつ


 最短で看護職を目指す。その方々の夢をかなえるためにあらゆる支援をしていくことを本校の特徴としてあげたいと思います。看護の基本は病んだ人への献身です。おもいやりとやさしさにて看護をし、病気を克服できるように寄り添うことが大切です。   看護師になるには国家試験に合格する必要があります。そのための勉強は必要です。学力、人間力を身に着け看護師資格を一刻も早く取得していただくことが本校の目的です。笑顔と自信を持てるように学校の教員、事務職員、福井市医師会員が一丸となり支援いたします。どんな職種でも接遇は大切です。接遇の5原則(挨拶、話し方、身だしなみ、笑顔、態度)を身につけ、立派な社会人になっていただきたいと願っています。 最後に本校は福井市医師会立であり、医師会の先生方からの支援にて運営されています。我々と一緒に働いていただける方の看護師を切に希望しています
       「夢に向かって頑張ろう。」のエールを送りますので、ぜひ入学してください。                                   
(令和元年6月19日)


教育理念と特徴

教育理念  本校では、生命の尊厳と人間愛を基盤とした豊かな人間性を育み、看護専門職者として必要な基礎的知識・技術・態度の修得を目指します。
 また、社会のニーズに対応し、地域医療に貢献できる人材、さらに、よりよい看護を追究し、主体的に学習を継続する姿勢をもつ看護実践者の育成を目指しています。
目標としたいこと ・人の多様な価値観を認め、生命と権利を尊重することができる心豊かな人間性
・人と人との連関を感じ、他者との関係性から自己をより客観的に観ることができるよりよい人間関係を築く能力
・対象の健康状態と環境要因を関連付けて思考できる能力
・対象に合わせて思考しながら科学的根拠に基づいた看護を実践できる能力
・保健医療福祉チームの一員であることを自覚し、看護専門職者としての役割を果たすことができる能力
・社会のニーズに関心を持ち、看護専門職者として主体的に学習を継続する態度 
教育の特徴  1.看護専門職者として重要となる「人の生命と権利を尊重する心豊かな人間性」を育むことができるカリキュラム 内容を充実させています。
(例)心理学、人間の発達、人間関係論、カウンセリング理論と技法、
    人間工学、家族論、異文化コミュニケーション、倫理学 などなど

2.「恵まれた臨地実習施設での環境」で学ぶことができます。臨地実習はカリキュラムの約3分の1を占め、患者さんと出会い看護を実践する第2の学校です。その実習施設と信頼関係を築き、協力して看護専門職者となる成長を助けます。
(施設)福井県済生会病院、福井赤十字病院、福井県立病院、
    福井病院、介護老人保健施設、介護老人福祉施設、
    訪問看護ステーション  などなど


3.「学生の高い向上心・誠実さを伝統」とし、それを「支える教職員の熱意と細かな体制」が整っています。その結果は、高い国家試験合格率として表れています。  



沿革

S51.12.27    
厚生大臣より看護婦養成所として指定
S52.4.1
福井市医師会高等看護学院2年課程 修業年限3年(夜間定時制) 開校
S52.9.7
福井県より専修学校の設置認可受ける。       
S53.1.1     
福井市医師会高等看護学院を福井市医師会看護専門学校に名称変更              
H14.4.1     
全日制の第一看護学科を新設
H18.4.1
第一看護学科を第二看護学科(夜間・定時制)の閉科に伴い看護学科に名称変更

学校の概要

設置・運営    
一般社団法人 福井市医師会
修業年限
3年(全日制、3年課程)  
一学年定員    
40名
敷地面積
1,615u       
建築延面積    
2,616u(鉄骨造4階建)
主な施設
講義室、演習室、視聴覚室・OA教室、看護実習室、在宅看護実習室、図書室、カウンセラー室、学生ホール、更衣室、保健室、会議室、講堂      

施設紹介

 こちらをクリックしてください。施設紹介





福井市医師会看護専門学校福井市医師会看護専門学校

〒910-0001
福井市大願寺1-5-23
TEL 0776-30-1200
FAX 0776-30-1201

メールでのお問い合わせはこちら
(E-mail)
info@fishikai-kansen.jp

個人情報保護方針

サイトポリシー/SNSポリシー

自己評価